• 資料請求
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

赤ちゃんって?

赤ちゃんって?

赤ちゃんって?

赤ちゃんの持つ不思議、意外と知られていない事を松山 夕稀己先生にご紹介いただきます。

第2回 アトピーと離乳食

第2回 アトピーと離乳食第2回 アトピーと離乳食

胎児の時期は お母さんの体に入っている栄養で 赤ちゃんは 体の組織を作っていきます。お母さんから頂く大切な栄養で、ここにも大きくスキンシップがつながってきます。しかし、もしお母さんに 遅延型の食物アレルギーがあれば、必然的に 赤ちゃんにも影響を及ぼします。遅延型食物アレルギーとは アレルギーを持っている食材が 体に入って反応するのに 時間がかかるために はっきり認識できない食物アレルギーです。また、激しい症状を訴えないので なかなか自覚できないアレルギーです。日本ではまだ 検査ができないため、なかなか民間では知られていません。しかし、このお母さんの持っている隠れた食物アレルギーが 赤ちゃんにアトピーを作ってしまうといわれています。赤ちゃんが健康な状態で生まれてくるのはご両親の願いです。事前に予防できるアトピーは まずはお母さんの遅延型食物アレルギーチェックです。
また、脂肪の数は 一生に3回変化するといわれます。最初は胎児、お母さんのおなかにいるときです。次は 離乳食時期、そして成長期、つまり思春期です。最初の胎児の時期に脂肪の数が決まるのはお母さんの食材からも影響が大きくありますので、たんぱく質、繊維質、ビタミンミネラルをよく考えて健康的は食事をしていきましょう。
次に離乳食です。赤ちゃんの腸は 完全に活動できる状態になるには個人差があります。まずは教科書にあるような早目の離乳食はご法度です。できれば1年は母乳を中心とした栄養補充を進めます。案外赤ちゃんは自分の腸の状態を認識している場合があるので無理に離乳食を急がないで下さいね。特に卵、乳製品、小麦のアレルギーが 問題にされています。つまり このたんぱく質が消化できない状態の赤ちゃんに無理に離乳を始めた場合、当然腸は悲鳴を上げます。そこで蓄積するのが たんぱく質に対するアレルギーです。自分の子供の 腸の整腸にも目を向けましょう。

第2回 アトピーと離乳食

第2回 アトピーと離乳食

胎児の時期は お母さんの体に入っている栄養で 赤ちゃんは 体の組織を作っていきます。お母さんから頂く大切な栄養で、ここにも大きくスキンシップがつながってきます。しかし、もしお母さんに 遅延型の食物アレルギーがあれば、必然的に 赤ちゃんにも影響を及ぼします。遅延型食物アレルギーとは アレルギーを持っている食材が 体に入って反応するのに 時間がかかるために はっきり認識できない食物アレルギーです。また、激しい症状を訴えないので なかなか自覚できないアレルギーです。日本ではまだ 検査ができないため、なかなか民間では知られていません。しかし、このお母さんの持っている隠れた食物アレルギーが 赤ちゃんにアトピーを作ってしまうといわれています。赤ちゃんが健康な状態で生まれてくるのはご両親の願いです。事前に予防できるアトピーは まずはお母さんの遅延型食物アレルギーチェックです。
また、脂肪の数は 一生に3回変化するといわれます。最初は胎児、お母さんのおなかにいるときです。次は 離乳食時期、そして成長期、つまり思春期です。最初の胎児の時期に脂肪の数が決まるのはお母さんの食材からも影響が大きくありますので、たんぱく質、繊維質、ビタミンミネラルをよく考えて健康的は食事をしていきましょう。
次に離乳食です。赤ちゃんの腸は 完全に活動できる状態になるには個人差があります。まずは教科書にあるような早目の離乳食はご法度です。できれば1年は母乳を中心とした栄養補充を進めます。案外赤ちゃんは自分の腸の状態を認識している場合があるので無理に離乳食を急がないで下さいね。特に卵、乳製品、小麦のアレルギーが 問題にされています。つまり このたんぱく質が消化できない状態の赤ちゃんに無理に離乳を始めた場合、当然腸は悲鳴を上げます。そこで蓄積するのが たんぱく質に対するアレルギーです。自分の子供の 腸の整腸にも目を向けましょう。

連載担当

松山 夕稀己 PhD(Yukiko Matsuyama, PhD)

国際医療顧問

松山 夕稀己 PhD(Yukiko Matsuyama, PhD)

カラダクリニック銀座最高医療顧問
一般社団法人国際抗老化再生医療学会(WAARM)事務局長
ハワイ大学医学部アトピーケア研究所室長
アテナクリニック心理学士
アテナクリニックアンチエイジングカウンセラー

カラダクリニック銀座最高医療顧問
一般社団法人国際抗老化再生医療学会(WAARM)事務局長
ハワイ大学医学部アトピーケア研究所室長
アテナクリニック心理学士
アテナクリニックアンチエイジングカウンセラー

ページトップへ