• 資料請求
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

第5回 遺伝子は体の設計図

第5回 遺伝子は体の設計図

赤ちゃんって?

赤ちゃんの持つ不思議、意外と知られていない事を松山 夕稀己先生にご紹介いただきます。

第5回 遺伝子は体の設計図

第5回 遺伝子は体の設計図第5回 遺伝子は体の設計図

遺伝子は体の設計図、近頃よく聞く言葉になってきたと思います。自分の体の遺伝子リスクを知っていれば その先に関わっている病気の予防や、肥満の予防ができるわけです。それでは 遺伝子検査はいつからできるのでしょうか?0歳からできるのです。
つまり自分の遺伝子は生まれた時から変わらないので、この世に誕生した瞬間から、実はできる検査です。

例えばダイエット遺伝子と通常呼ばれている太り方や生活習慣病を見る検査は 遺伝子の型を調べることにより、どのような食生活で 太りやすくなるスイッチが入るかを調べる検査です。
また、そのために どのような生活習慣病リスクを、持っているかもわかります。その原因となる、太る理由の1つに 脂肪細胞の増加があります。人間には 一生に3回、脂肪細胞が増える時期があることが 明らかになってきています。しかし残念ながら、1度増えてしまった脂肪細胞の数を、減らすことはできません。脂肪細胞の増加型肥満の人は、年齢を経て 代謝が落ちるにつれて 脂肪が減らすことが難しくなってきます。逆に言えば 早い時期に食生活に気をつけて 肥満を阻止することが肝心なのです。それでは3回脂肪細胞が増える時期とはいつでしょう。最初は妊娠末期の3か月(胎児の時期) ミルクで育つ乳児期、そして思春期です。肥満原因の2つ目は、脂肪細胞が大きくなり、そこに蓄積されている中性脂肪が増えるためにおこります。それでは脂肪細胞の数が少なければ最も早い肥満予防になります。

このように、乳幼児の時期に ダイエット遺伝子検査を行った場合は母親が子供の食事の好みを誘導することが可能なので、早い時期に生活習慣病を防ぐための 食事思考を作ることが可能になってきます。つまり、あまり努力することなく油の代謝の低い遺伝子を持った子供には揚げ物や、油をたくさん含んだ食事に慣れさせない。また、糖質に対する燃焼が低い遺伝子を持った子供には、白米、うどん、小麦などの生成された炭水化物を、極力控えた食事が、普通の食事思考に誘導していくことが 積極的な予防です。母親が作る食事で成長していく時期に、食事の思考は決まってくるので 努力せずに 自の持っているダイエット遺伝子にあった生活習慣病予防食が好きになるように誘導することが可能になってきます。子供は母親の作る食事は 大好きです。このように早い時期から 積極的な予防を行い、理解できるようになった時期に 教えていける家族であることが 今後の健康家族の 新しい形になってくるのではないでしょうか。

また、同じように葉酸代謝遺伝子検査という、より早く理解するべき遺伝子検査があります。それはどんな検査かというと、脳の発達に必要な 葉酸の吸収を見ていく遺伝子検査です。妊娠をしたら 注目される葉酸ですが、遺伝子のタイプによっては、ホモシステイン血中濃度が 上昇しやすい人がいますが、このタイプの遺伝子を持った人は骨折や、脳の血管や神経細胞に影響を与えるといわれています。
遺伝子は体の設計図です。早く知ることは大切ですが、0歳からまず始めるには 何が先決かを考えながら調べていくのも大切です。双子でも 兄弟でも、それぞれ違う遺伝子を持っていることをお忘れなく。

第5回 遺伝子は体の設計図

第5回 遺伝子は体の設計図

遺伝子は体の設計図、近頃よく聞く言葉になってきたと思います。自分の体の遺伝子リスクを知っていれば その先に関わっている病気の予防や、肥満の予防ができるわけです。それでは 遺伝子検査はいつからできるのでしょうか?0歳からできるのです。
つまり自分の遺伝子は生まれた時から変わらないので、この世に誕生した瞬間から、実はできる検査です。

例えばダイエット遺伝子と通常呼ばれている太り方や生活習慣病を見る検査は 遺伝子の型を調べることにより、どのような食生活で 太りやすくなるスイッチが入るかを調べる検査です。
また、そのために どのような生活習慣病リスクを、持っているかもわかります。その原因となる、太る理由の1つに 脂肪細胞の増加があります。人間には 一生に3回、脂肪細胞が増える時期があることが 明らかになってきています。しかし残念ながら、1度増えてしまった脂肪細胞の数を、減らすことはできません。脂肪細胞の増加型肥満の人は、年齢を経て 代謝が落ちるにつれて 脂肪が減らすことが難しくなってきます。逆に言えば 早い時期に食生活に気をつけて 肥満を阻止することが肝心なのです。それでは3回脂肪細胞が増える時期とはいつでしょう。最初は妊娠末期の3か月(胎児の時期) ミルクで育つ乳児期、そして思春期です。肥満原因の2つ目は、脂肪細胞が大きくなり、そこに蓄積されている中性脂肪が増えるためにおこります。それでは脂肪細胞の数が少なければ最も早い肥満予防になります。

このように、乳幼児の時期に ダイエット遺伝子検査を行った場合は母親が子供の食事の好みを誘導することが可能なので、早い時期に生活習慣病を防ぐための 食事思考を作ることが可能になってきます。つまり、あまり努力することなく油の代謝の低い遺伝子を持った子供には揚げ物や、油をたくさん含んだ食事に慣れさせない。また、糖質に対する燃焼が低い遺伝子を持った子供には、白米、うどん、小麦などの生成された炭水化物を、極力控えた食事が、普通の食事思考に誘導していくことが 積極的な予防です。母親が作る食事で成長していく時期に、食事の思考は決まってくるので 努力せずに 自の持っているダイエット遺伝子にあった生活習慣病予防食が好きになるように誘導することが可能になってきます。子供は母親の作る食事は 大好きです。このように早い時期から 積極的な予防を行い、理解できるようになった時期に 教えていける家族であることが 今後の健康家族の 新しい形になってくるのではないでしょうか。

また、同じように葉酸代謝遺伝子検査という、より早く理解するべき遺伝子検査があります。それはどんな検査かというと、脳の発達に必要な 葉酸の吸収を見ていく遺伝子検査です。妊娠をしたら 注目される葉酸ですが、遺伝子のタイプによっては、ホモシステイン血中濃度が 上昇しやすい人がいますが、このタイプの遺伝子を持った人は骨折や、脳の血管や神経細胞に影響を与えるといわれています。
遺伝子は体の設計図です。早く知ることは大切ですが、0歳からまず始めるには 何が先決かを考えながら調べていくのも大切です。双子でも 兄弟でも、それぞれ違う遺伝子を持っていることをお忘れなく。

連載担当

松山夕稀己

国際医療顧問

松山夕稀己

一般社団法人国際抗老化再生医療学会(WAARM)事務局長
ハワイ大学医学部アトピーケア研究所室長
アテナクリニック心理学士
アテナクリニックアンチエイジングカウンセラー

一般社団法人国際抗老化再生医療学会(WAARM)事務局長
ハワイ大学医学部アトピーケア研究所室長
アテナクリニック心理学士
アテナクリニックアンチエイジングカウンセラー

ページトップへ