• Home
  • プライバシーポリシー
  • Home >
  • プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会(以下「当協会」)は、サービスの提供にあたり、個人情報(個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」)にいう個人情報を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を特定できるものまたは個人識別符号が含まれるもの(以下「個人情報」)を保護することを重大な責務と認識し、個人情報保護法等の各法令・規範に基づいて、お客様の個人情報を管理致します。 そこで、以下のとおり個人情報保護方針を定め、従業員およ び お客様からお預かりする個人情報保護の仕組みを構築し、全ての従業員に個人情報保護の重要性の認識と取り組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進することを宣言致し、当協会の個人情報保護についての取組みを以下に記載します。 なお、お客様が当協会のサービスをご利用いただいた場合、この「プライバシーポリシー」に同意していただいたものとみなされますので、よくお読みくださいますようお願いいたします。

1.個人情報の取得と利用

当協会は利用目的を明確にした上で、目的の範囲内に限り、個人情報を取得します。
また、個人情報の利用は、その利用目的から逸脱しない範囲とし、特定した利用目的の範囲 を逸脱した利用を行わないために、必要な対策を講じ、確実に実施します。当協会は取得したお客様の個人情報を以下の目的で利用します。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

  1. 各種お申し込み手続のため
  2. 各種の資料請求に対する資料送付のため
  3. お客様の本人確認のため
  4. お客様からの連絡に対応し、または当協会からお客様に連絡するため
  5. 新サービスまたは新商品の企画、開発または実施のため
  6. 就職、転職に関する情報提供のため
  7. 資格発行等の手続のため
  8. 就職状況把握・受講講座等、アンケート実施のため
  9. 当協会の採用選考のため
  10. 従業者の雇用管理のため
  11. 個人情報を統計的に解析し、個人情報に該当しないように加工した情報を、任意の用途・目的で利用したり第三者に提供したりするため
  12. お客様に有益と思われるサービス等の情報または広告を電子メールや郵便等で発信するため(※)
    ※不要な場合、お客様からご連絡をいただければ、このような情報の送信・送付は停止させることができます。

2.個人情報の管理と保護用

個人情報の管理は、厳重に行うこととし、ご本人にご承諾いただいた場合を除き、第三者に対し開示・提供することはいたしません。
また個人情報に関する不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩などに対し適切な予防措置を講じます。

3.個人情報の共同利用について

当協会は、下記のとおり、お客様の個人情報を共同利用させていただきます。 この場合、いずれの共同利用者も本個人情報保護方針に規定されている条件と同様の保護条件に従うものとします。

共同利用の目的
当協会と、当協会の関連会社が提供する複数のサービスを、お客様が横断的にご利用いただきやすくするためお客様にとって有用と思われる情報や商品、各種サービスなどに関する情報をご案内させていただくため
共同利用する者の範囲
株式会社ファクトリージャパングループ、株式会社ビジョナリー・ライズ
共同利用する個人情報の管理について責任を有する者
株式会社ビジョナリー・ライズ 東京都新宿区西新宿 1-22-2 新宿サンエービル 4F 代表取締役社長 春名秀樹
共同利用する情報項目
氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、パスワード、性別など、お客様から当協会に提供される一切の情報

4.個人情報の第三者提供

当協会は、お客様の承諾なく個人情報を第三者に提供・開示しません。ただし、以下の場合を除きます。
個人情報保護法第 27 条その他の法令によって許容され、または義務づけられている場合業務を円滑に遂行するため、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合。この場合には、適切な委託先を選定し、適正な取扱いの確保のための契約締結、実施状況の監督などを行います。
合併、事業譲渡、その他の事由による事業の承継に伴って承継先に提供する場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨ならびに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめお客様に通知し、またはお客様が容易に知り得る状態に置いた場合

5.仮名加工情報

当協会は、当協会が保有する個人データ内の特定の個人を識別できる情報を削除しまたは他の情報に置き換えることで、加工後のデータ単体からは特定の個人を識別できないようにした情報(以下「仮名加工情報」)を作成しまたは取得したときは、仮名加工情報の取扱いに関して適用される法令、国が定める指針およびその他の規範を遵守して、個人情報の安全管理と同様に安全管理の措置を講じます。当協会は、仮名加工情報を下記の利用目的に使用し、法令に定める場合を除き、他の目的への使用や第三者への提供を行いません。
お客様からのお問合せ対応 各種サービスのご案内・情報提供・ご連絡 お客様に対するアンケート等

6.個人情報保護管理体制および仕組みの継続的改善

当協会は、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施いたします。

7.ご注意

当協会が運営するインターネット上の web サイトには、外部へのリンクが含まれている場合があります。このような外部の web サイトにおいてのお客様の個人情報の取り扱いについては、当協会では責任を負いかねますのでご注意ください。

8.Cookie 等の取得について

当協会のウェブサイトでは、クッキー(Cookie)等の一般的な技術を利用することがあります。「Cookie」とは、お客様が当協会のウェブサイトにアクセスしたときに、ウェブサーバからお客様の機器のブラウザに送信され、機器に保存される小さなテキストファイルです。Cookie の中には、氏名やメールアドレスなど、個人を特定する情報は含まれていません。当協会は、お客様が利用される機器情報(OS、広告 ID、コンピュータ名、言語設定等)を取得したり、取得した情報を当協会がお客様に付与した内部識別子に紐付けたりする場合があります。これらの情報はより良いサービス提供のため、またご本人確認や正常なサービス提供を妨害する不正行為防止のために利用します。
お客様は、ご自分のブラウザの設定により、Cookie の利用を拒否することができます。ただし、お客様が当協会のウェブサイトの機能の一部のご利用が制限されることがあります。

9.プライバシーポリシーの改定

当協会は、関連法令の改正および事業上の必要性等に応じて、このプライバシーポリシーを随時改定することがあります。この場合には、当協会のウェブサイトに掲載するものとし、当該掲載の時点で改定の効力が生じます。

10.個人情報の開示・訂正等について

当協会は、当協会が保有する個人情報の取扱いに関して適用される法令、国が定める指針およびその他の規範を遵守いたします。
※お客様よりご提供いただきました個人情報は、法令の定めるところにより、お客様より、開示、訂正、削除、利用停止、第三者への提供の停止などを申し出ることができます。

下記の内容をご記載いただき、お問合せください。ご本人様からのお申し出である事を確認後に、お申し出の種類に応じ以下の手順に沿って適正に対応します。

  1. お問合せの内容(確認、訂正、削除など。訂正の場合は訂正内容もご記載ください)ご提供頂いた時期など
  2. お客様のご連絡先(ご住所、氏名)
個人情報または第三者提供の開示
当協会は、お客様から、当協会が管理する個人情報または個人情報の第三者提供の記録の開示を求められたときは、法令に従い、合理的な期間内に、電磁的記録の提供または書面の交付により開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあります。当協会は、開示請求にかかる個人情報の全部もしくは一部について不開示の決定をしたとき、当該個人情報が存在しないとき、またはお客様が請求した方法による開示が困難であるときは、お客様に対し遅滞なくその旨を通知します。
  1. お客様ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当協会の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  3. その他法令に違反することとなる場合
個人情報の利用停止または消去
当協会は、お客様から、以下の各号に定める事由に該当するとして、個人情報の利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、法令に従って利用停止等を行い、その旨お客様に通知します。ただし、利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、お客様の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとることのできる場合は、この代替策を講じます。
  1. 個人情報保護法第18条3項の事由がないのに、本人の同意なく利用目的の範囲を超 えて取り扱われている場合
  2. 個人情報保護法第19条に違反して、違法または不当な行為を助長し、または誘発するおそれがある方法により個人情報が利用されている場合
  3. 不正の手段により取得された個人情報である場合
  4. 個人情報保護法第 20 条 2 項の事由がないのに、 本人の同意を得ないで取得された要配慮
  5. 個人情報(個人情報保護法第 2 条第 3 項に定める意味を持ちます。以下同じ)である場合
  6. 当協会がお客様の個人情報を利用する必要がなくなった場合
  7. その他個人情報保護法において利用停止または消去を求める事由と定められている場合
個人情報の第三者提供の停止
当協会は、お客様から、個人情報保護法第27条第1項または第28条の規定に違反して本人の同意なく第三者に提供されているという理由で、第三者への提供の停止(以下「第三者提供停止」 といいます)を求められた場合には、当協会が定める方法でご本人の確認・調査をさせていただいたうえで、速やかに対応し、法令に従って、当該求めに理由があると認められた場合に限り第三者提供停止を行い、その旨お客様に通知します。
個人情報の訂正・削除
当協会は、お客様(代理人を含む)から、当協会が管理するご本人の個人情報の内容が事実でないという理由で、当該個人情報の訂正・削除等の求めがあった場合には、当協会が定める方法で調査をさせていただいたうえで、速やかに対応します。
個人情報の開示・利用停止・訂正・削除、個人情報の第三者提供の開示・停止等のお申し出その他、当協会の個人情報取り扱いについてのお問合せにつきましても、以下の窓口にてお受けしております。
お問い合せ窓口
〒160-0023
新宿区西新宿 1-22-2 新宿サンエービル 4F
一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)
最終改定日:2023 年 10 月 1 日

ページトップへ